ハムスターは暑さに弱い!湿度の多い梅雨や暑い夏のお世話のポイント

 

ハムスターを初めて飼う場合、暑い夏や寒い冬は通常通りお世話をすれば良いのか気になるところだと思います。

 

こちらの記事ではハムスターの夏のお世話のポイントを記載します。

 

*ハムスターはトマトやキュウリを食べます。
ご家庭にある時は、端の部分を少しあげると、ハムスターの好みにもよりますが喜んで食べてくれることが多いと思います。

ハムスターと夏について

ハムスターは暑さが苦手です。

室温は25℃までに抑えて、湿度も低くしましょう。

 

暑さを抑えるにはクーラーが一番

クーラーは温度と湿度を保つことができるので一番便利です。

ただし、直接クーラーの風がケージ内に入ってくるのは避けましょう。

熱中症対策をする

夏に一番気にしないといけないのは、熱中症です。

元々、暑い気候の生き物でないため暑さには弱く、汗もかかないので体温調整が難しいです。

直射日光が当たらなくても、室温(ケージ内の温度)が高く、湿度も高いと熱中症になってしまいます。体が小さいので熱中症になるのも早いです。

ハムスターが熱中症にかかった場合の症状

ハムスターがいつもの様子と違い、次のような感じだと熱中症の可能性があります。

  • よろよろしている
  • ぐったりしている
  • 呼吸が荒い

熱中症の応急処置

ビニール袋に濡れたタオルを入れ、ハムスターに当て体を包み込むようにします。

ただし、やり過ぎると体温が下がってしまい低体温症になってしまうので、様子を伺いながらやりましょう。

心配であれば動物病院に相談してみましょう。

 

シェアする