ペットが子どもの心の成長を助ける

 

子どもがペットとふれあい、共に暮らす事でどのような影響が出るのでしょうか。

 

今まで家にいなかったペット、動物を迎え入れ、共に暮らす事で心の成長に大きく関わる場合があります。

 

子供はペットの飼い主になることで自尊心を持つようになります。

また、ペットが心の支えとなり、孤独感を減らし怒りや悲しみの感情を和らげます。

 

 

今の時代は共働きで父親も母親(ワーキングマザー)もフルタイム、パート、自営業(フリーランス)など働いているご家庭が多いと思います。

忙しく、子どもとコミュニケーションが沢山取れず寂しい思いをさせてしまう事もあると思いますが、ご家庭にペットがいるとその寂しさが和らぐ場合もあります。

 

 

さらに、ペットとふれあう事で「思いやり」や「優しさ」が心の中で育まれます。

 

動物にふれ、日々お世話をするという事は、優しく接する必要が出てきます。

最初は動物との関わりに慣れなくても、毎日お世話をしたり、ふれあう事で「思いやり」や「優しさ」を自然と学ぶ事になります。

 

そこで培われた「思いやり」や「優しさ」は、学校での友達や先生との関わり、地域の人との関わりなどに大きな影響を与える場合があります。

 

子どもとペット、動物の関わりは、子どもの成長に大きな役割を担う事があります。

 

シェアする