ペットを飼う事で「動物・生きものとふれあえる」喜びを知る

 

こちらの記事で小さな頃から動物と接する機会が増える事で、子どもにとって「思いやり」「優しさ」の気持ちが培われる話をしました。

 

それ以外にも動物、ペットと接する事でやはり純粋に「かわいい」「楽しい」というワクワクした気持ちが自然とわき起こると思います。

 

 

ペットの様子を見て「かわいい!」と感じたり、接したりお世話をして「楽しい」と思う事で、自然と元気が出たり癒される事と思います。

 

ペットは様々な様子や表情を見せてくれるため、子ども達はペットを飼う事で毎日の生活が今までと違った角度で楽しく過ごせるようになります。

また、ペットに対して興味が出れば、自分でお世話の仕方を調べようとしたり、動物の習性を知ろうとしたり、病気の事を学んでみたり……

と、自ら学習する姿勢を見せてくれる事もあるでしょう。

 

 

ペットを飼う事は住環境やご家庭の状況にもよりますが、マンションやアパート、団地などの集合住宅だと難しい場合もあると思います。

ですが、小動物であれば許可を出している所も多いです。

 

ハムスターは鳴く事は稀で、鳴き声も小さく、お世話の手間も大きな負担になるものではありません。

 

 

それでいて、ハムスターは個体差や性格にもよりますが、人に懐く事も多く、子どもも楽しく接する事が出来るかもしれません。

 

シェアする