ハムスターを飼う事になったら子どもと決めたいハムスターの種類

 

「ハムスターを飼おう!」

子どもと一緒に話しあって決めたら、

「どんなハムスターを飼おうか」

という話題になると思います。

 

一般的によく知られているのは「ゴールデンハムスター」です。

 

 

やや大きめの体ですが、性格は温厚なハムスターが多く、ハムスター好きな方にも愛されやすい種類です。

ハムスターといえば「ゴールデンハムスター」が思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。

 

その他にもペットとして販売されているハムスターがいます。

 

ペットとして販売されているハムスターの種類

 

犬や猫と違ってペットで流通しているハムスターの種類は5種類しかありません。

それぞれ体の大きさや性格など特徴が異なるので、ハムスターを迎える前に知り、どんなハムスターをご家庭に迎えるか決めましょう。

 

名前 特徴 画像
ゴールデンハムスター 大型(130g〜210g)のハムスターです。メスの方がオスより大きい傾向にあります。
ジャンガリアンハムスター 最も良く見かけるハムスターです。人に慣れやすい個体が多いです。
キャンベルハムスター ジャンガリアンハムスターと似ていますが、キャンベルの方が丸っこい顔つきをしています。
ロボロフスキーハムスター 一番小さく(15g〜30g)素早い種類です。人に慣れにくい種類ですので、触れ合うというよりもかわいい様子を眺める方が向いています。
チャイニーズハムスター 他のハムスターと違いスリムな体型をしています。シッポが長めでオスの睾丸が目立っています。

シェアする